着物リサイクル 出張買取り|なつめ堂

着物の高額現金買取

SN3N0028

皆様の目に触れることがない、業者のオークションの状態です

プロはこの中から一瞬で、これはという一品を見つけるのです。

皆様のお着物もこうした形で、業者の中でやり取りされることがあります。

プロのこうして場数を踏むことで養われていきます。

 

SN3N0031

これまでどれだけ着物を見てきたかが、正確な値段を決め。

それが皆様に納得いただけている、高額の着物買取につながっています。

笄(こうがい)とは最初は男女ともに、髪をかき分けるのに用いた細長い器具で、形は一方が太く他方が細いものと、一方が方形で 他方が細く丸いものがあった。室町時代から女官が下げ髪を巻き

付けるのに用い、結髪を助けるものになった。

鯨のひれ・竹・角(つの)・ガラスなどいろいろの物で造られた。

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

外出の際に着る、和装用のコートの一種で、普通は着物の上から着るものですが、羽織に上から着ることもあります。
衿の部分が羽織と違って角形に開いています。ほとんど女性用です

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

image

江戸時代より、印籠や煙草入れ矢立てなどを持ち歩く際に、留具代わりに紐に取り付けられたものであり、昔から幸運が根付く縁起物として親しまれています。巾着や小銭入れなどを、帯に挟んで下げるときに取りだしやすいようにつけたもの。帯の中に完全に入ってしまわないように、という目的もあります。
最近、携帯のストラップを根付変わりにして楽しんでいる方も多い。

根付は高円宮殿下が世界的なコレクターとしても有名でした。

コレクターも多いだけに、意外に高額買取されるものもあります。

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

装飾用の小物。本来は帯締めの両端につけた金具。
現在は帯締めに飾る、ブローチ状の留め物のこと。素材は鉱物・植物・織物とさまざま。ブローチをそのまま使う人も。
アンティークのブローチから、箸置きに金具をつけて帯留めにするなど手軽に個性を出せる着物小物。

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

帯がほどけないように、帯の上中央に最後にしめる紐のこと。

帯を結ぶための小物ではあるが、装飾的な役割も強く着付け用の小物というより、着こなしのための大切なポイントです。

打紐や組紐、芯を入れて丸く仕立てた丸ぐげ、革製のものもある。

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

DSC_6258[1]
骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

yun_3976[2]
骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久