着物リサイクル 出張買取り|なつめ堂

こんな物を買い取ります

ダイヤモンドは、世界中でダイヤモンドの品質を評価する統一の基準として、G.I.A(米国宝石学会)の
『品質評価国際基準』に基づいた"4C"と呼ばれる4つの要素のコンビネーションで評価して価格が決められます。

一般的なジュエリーには店舗運営費や在庫維持費、人件費や広告費等に代表される販売管理費が必要とされる為それらが加わって販売価格に反映されていますので、買取もそのつもりで。

2011年4月までの過去5年間の金の相場の推移チャートです。

利久では貴金属・・銀・プラチナなどの買取もしています。

(なつめ)は茶器の一種で、抹茶を入れるのに用いる木製漆塗りの蓋物容器である。植物の棗の実に形が似ていることから、その名が付いたとされる。

現在では濃茶を入れる陶器製の茶入(濃茶器)に対して、薄茶を入れる塗物の器を薄茶器(薄器)と呼ぶが、がこの薄茶器の総称として用いられてしまう場合も多い

茶杓(ちゃしゃく、chashaku、tea scoop)は、緑茶(特に抹茶)を点てるのに使用する茶道具のひとつ。抹茶を容器(茶器)からすくって茶碗に入れるための匙。普段は筒に収められており、この筒に「銘」(その茶杓に付けられた固有の名前)を記す。

抹茶を点てるのに使用する茶道具のひとつで、湯を加えた抹茶を茶碗の中でかき回して均一に分散させるための道具。抹茶といえばこんもりと泡を立てた姿が有名であるために、泡だて器の一種と考えられることも多いが、泡を立てるための道具ではない。竹製のものがほとんどだが、アウトドア用の金属製のものもある。

用途によって穂の数は16本から120本まであるが、64本が標準と考えられている。この数は外穂の本数で、64本なら外穂と内穂を合わせれば128本になる。穂数が少なければ穂が太く腰の強い茶筅になり、穂数が多ければきめ細かな茶筅になる。そこで一般に濃茶を練る場合には穂数の少ないものを、薄茶を点てる時には穂数の多いものを用いる。穂数が多いものほど製作に技術を要するため格の高い茶筅とされ、明治維新以前は80本以上の穂数は大名以上の貴人用、120本は将軍用とされていた。

茶道で、茶釜を火に掛けて湯をわかすための炉。唐銅製、鉄製、土製、木製などがある。夏を中心に5月初めごろから10月末ごろまで用いる。見た目は火鉢のようです。

茶釜(ちゃがま)は、茶の湯に使用する茶道具の一種で、茶に使用する湯を沸かすための釜のこと.。
風炉とは茶道で、茶釜を火に掛けて湯をわかすための炉。唐銅製、鉄製、土製、木製などがある。夏を中心に5月初めごろから10月末ごろまで用いる。

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

笄(こうがい)とは最初は男女ともに、髪をかき分けるのに用いた細長い器具で、形は一方が太く他方が細いものと、一方が方形で 他方が細く丸いものがあった。室町時代から女官が下げ髪を巻き

付けるのに用い、結髪を助けるものになった。

鯨のひれ・竹・角(つの)・ガラスなどいろいろの物で造られた。

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久

髪飾りは、べっ甲や真珠など礼装用のものから、プラスチックの気軽なものまであります。

和服を着たときにはなくてはならないアクセサリーの一つ

外出の際に着る、和装用のコートの一種で、普通は着物の上から着るものですが、羽織に上から着ることもあります。
衿の部分が羽織と違って角形に開いています。ほとんど女性用です

骨董品、着物、茶道具、アンティーク 現金 買取の利久